COLIMBO “HAMILTON FIELD COAT”

コリンボ初の “M-65” モデルとなる本製品は、エポレットと手首の三角フラップなどがない80年代のモデルをベースにデザインされています。このシンプルなスタイルは、初期のモデルよりも普段着としてのかっこよさが格段に高く、さまざまなレイヤースタイルを楽しめるファッションのマストアイテムと言っても過言ではないですね。また、“M-65”は機能性の高さから究極のフィールドジャケットと呼ばれているとおり、その使い勝手のよさは格別で、普段着としてだけでなく、バイクやキャンプなどのアウトドアシーンでも大活躍間違いなしです。また、今作の素材(C/N Back Satin)の質感や、セージグリーンよりの色合いも、すごく雰囲気があります。(見えないところですが、ジップテープのコントラストもイイですね。)店主のコーディネートをいくつかピックアップしましたので、イメージを膨らましてみてください。着込むほどにその良さを実感していただける1着です! インナーとのレイヤー次第で、3シーズン着用できるのも大きな魅力ですね。

ウエアハウスの大定番ジーンズ「Lot. 1001」にワークブーツを履いたベーシックなアメカジスタイルでコーディネート! やっぱり、かっこいいですね。このジャケットは、着用シーンや気温に合わせてインナーをレイヤーしながら、機能的に且つかっこよく着ることができるのも魅力。今回のように、ロンTにフリースベストを重ね着した上に羽織るのもいいですよ〜!
 
Liga Feliz “Wool beret”
Colimbo “Hamilton field coat”
Colimbo “Mt.mercy pile vest”
BlackSign “Fancy brosom l/s henley jersey”
Warehouse “Lot 1001”
Rolling dub trio “Roots”

ジャンゴアトゥールのワークベスト&トラウザーとの着こなしです。アンテークワークな雰囲気が漂うブラックリネンのセットアップの上に、オリーブのバックサテン “M-65”。“ブラックジャンゴ” な装いにも、このジャケットは合うんです!
 
King Rich Bros. (DjangoAtour) “Hand Knitting Brat Beret”
Colimbo “Hamilton field coat”
DjangoAtour “workers heavylinen vest”
DjangoAtour<AL> “victorians linen shirt”
DjangoAtour “da intuck heavylinen pants”
Makers “Vittoria”

ボトムに、ブラックサインのM.C.ブリーチーズと合わせて。ジャケットのバックサテン生地のオリーブカラーと、オフ白のチノ生地のブリーチーズとの組み合わせがクールです! 足元を、エンジニアブーツや高さが10inchオーバーのレースアップブーツに履き替えてもカッコイイですね。『少し汚れた白いパンツに履き込んだブラック・ブーツ、そして着込んだ “M-65″。』 こんな無骨で男臭いスタイル、たまりませんね〜。
 
King Rich Bros. (DjangoAtour) “Hand Knitting Brat Beret”
Colimbo “Hamilton field coat”
DjangoAtour “da cottonbelgiumlinen halfsleeve”
BlackSign “Vintage Chino Motorcycle Breeches”
BlackSign “Army Last Mid Cut Dress”

ウエアハウスのシャンブレーシャツに、“8.5oz INDIGO DENIM”で仕上げたワイドなシルエットのオーバーオールを合わせて、その上に、コリンボのM-65を羽織って。シンプルでベーシックな組み合わせですが、独特の存在感がありますね!
 
Liga Feliz “wool beret”
Colimbo “Hamilton field coat”
Warehouse “chambray work shirt”
Corona “corona navy over pants”
DjangoAtour “german leather shoes”
 
———— ★ 詳細・ご注文は ————

>>> COLIMBO “HAMILTON FIELD COAT”