CORONA “FATIGUE SLACKS SERIES” vol.2

US MILITARYのファティーグパンツをCORONA独自のフィルターを通して再構築したオリジナル・ボトムス・ライン「ファティーグスラックス・シリーズ」。形、シルエット、ディテール、縫製仕様など、ベースとなったヴィンテージパンツが持つエッセンスを表現しながら、今自分達がはきたいと思うスタイルにアップデートされたパンツがラインナップされています。それらは、“質実剛健”でどこか“モダン”を感じるテキスタイルでまとめられ、街着としてだけでなくアウトドアなどのフィールドにもお勧めのユーティリティなパンツに仕上げられています。前回の第1弾に続き、今回も多くのバリエーションの中からいくつかピックアップして、お勧めのコーディネートをご紹介してみました。

“DUCK HUNTER SLACKS” / textile. BLACK RIPSTOP
60年代・ベトナム戦争初期では、ダックハンターのハンティングパンツなどをファティーグパンツとして使用することが多々ありました。この“DUCK HUNTER SLACKS”は、そのような当時の歴史背景をもとに製作されたコロナらしい1本です。大きなマチの付いた腰ポケット口がこのパンツの大きな魅力。見た目のボリューム感だけでなく使い勝手も最高。さらに、太めなワタリから裾に向かうテーパー型のシルエットも◎! 裾をゴムスピンドル+ストッパーで絞り、キュキュッとあげてはいてもいいですよ〜。生地は、CORONAがオリジナルで制作した8.5oz高密度リップストップのブラック。プレーンなTシャツとのシンプルな色合わせに、タイガーストライプのブーニー・ハットがコーディネートのポイント。夏の装いも「黒」はすごく映えますね。

“DUCK HUNTER SLACKS” / textile. TIGER STRIPE RIPSTOP
“ミリタリー”というイメージの枠を越えた特別な存在となっているタイガーストライプ・パターンで仕上げた、“DUCK HUNTER SLACKS”です。こちらも、CORONAがオリジナルで制作した8.5oz高密度リップストップ。上記の「ブラック・リップストップ」同様、やや薄手ながらも張りのある生地です。このパンツもすごくクールなので、Tシャツと合わせただけでもカッコイイです。また、季節やフィールドなどに合わせて、画像のようにワークシャツを羽織るのもいいですね。単なる“ミリタリー”というイメージの枠を越えたこのパターン(柄)を、CORONAならではのボトムでお楽しみください。ちなみに、オリーブカラーの帽子とスニーカーもコーディネートのオススメ・ポイントです。

“NAVY SLACKS” / textile. M-51 PARKA SHELL POPLIN
US NAVY・デニムワークパンツをCORONA流にリファインした太くて無骨なシルエットが魅力の1本。シンプルなデザインながら、強烈な存在感のCORONAらしいボトムスです。大好評の前作に続き、今回は「M-51 PARKA SHELL POPLIN」で仕上げました。米軍の“M-51 PARKA”の生地を忠実に再現したナイロン+コットンの高密度ポプリンは、薄手ながらも丈夫で、滑りのいいサラッとした肌触りが特徴。軽く速乾性も高いので、真夏もOKです!

“JUNGLE CLIMBER EZ” / textile. 80/2 PIMA COTTON RINSTRIPE
イージーパンツのように気軽にはけるクライムパンツ型ファティーグパンツです。同型の生地バリエーションに「TIGER STRIPE RIPSTOP」もありますが、こちらはもっと薄くて軽い“超長綿・ピマコットン”のピンストライプ生地を使って仕上げたタイプ。サラッと快適なはき心地と、落ち着いた色合いが魅力です。今回は薄手のリネンシャツを羽織って、ちょっと渋めの装いにしてみました。
★ 前回の『“FATIGUE SLACKS SERIES” 特集 vol.1』もご覧ください。
  >>> CORONA “FATIGUE SLACKS SERIES” vol.1
★ 同シリーズのバリエーションや詳細は、こちらをご覧ください。
  >>> CORONA “FATIGUE SLACKS SERIES”<MASUYA COLLECTION>
これまでの「コーディネート」は こちらをご覧ください。
>>>  Coordinate Archive