CORONA “FATIGUE SLACKS SERIES”

US MILITARYのファティーグパンツをCORONA独自のフィルターを通して再構築したオリジナル・ボトムス・ライン「ファティーグスラックス・シリーズ」。形、シルエット、ディテール、縫製仕様など、ベースとなったヴィンテージパンツが持つエッセンスを表現しながら、今自分達がはきたいと思うスタイルにアップデートされています。それらは、“質実剛健”でどこか“モダン”を感じるテキスタイルでまとめられ、独特の雰囲気を作り出しています。今回は、多くのバリエーションの中からいくつかピックアップして、これからの季節にお勧めのコーディネートをご紹介してみました。

“JUNGLE CLIMBER EZ” / textile. TIGER STRIPE RIPSTOP
“ミリタリー”というイメージの枠を越えた特別な存在となっているタイガーストライプ・パターンで仕上げた、クライムパンツ型ファティーグパンツです。存在感あるクールなパンツにデニムのウエスタンシャツを羽織って、さらっとシンプルにコーディネート。帽子とサングラスでアクセントをつけて、ほんのちょっとお洒落感を演出しています。

“NAVY SLACKS” / textile. TAKEYARI COTTON DUCK
US NAVY・デニムワークパンツをライトな帆布を使ってCORONA流にリファインした1本。ワタリから裾に向けてズドンと落ちる太く無骨なシルエットが魅力のサイドシームレス・パンツです。この太さ、一度はいたらやめられません。ほんと かっこいいです! ぜひトライしてみてください。あなたのスタイルに欠かせないアイテムになるかも・・・。ここでは、少し着丈が長いショールカラーのシャツと合わせています。
オフホワイトとブルーのコントラストも◎!

“ADVISORS SLACKS” / textile. TRO SUMMER WOOL
ベトナム戦争最初期の頃にカスタムされた民生品のハンティングパンツをベースに作られた“ADVISORS SLACKS”。双糸を高密度に織り込んだスラックス用のサマーウールで仕上げた、CORONAの夏に欠かせないパンツです。今回は、“6POCKETS CARGO SHIRT”のブラックと合わせて、渋くキメてみました。

“JUNGLE EXPERT SLACKS” / textile. TROPICAL POPLIN
今や“カーゴパンツ”の代表的なイメージともなっている「60’S US ARMYのポプリン製ジャングルファティーグパンツ」をCORONA流にリファインした1本。薄くても丈夫な“TROPICAL POPLIN”素材は、春から夏そして秋にかけて3シーズン着用できます。CORONAらしいセージグリーンの色合いもいいですね。今回は、ミリタリー・デニムハットにロンTを合わせて、ラフな感じの装いに。シンプルな中にも「らしい」を感じるお気に入りのコーディネートです。

“JUNGLE CLIMBER EZ” / textile. 80/2 PIMA COTTON RINSTRIPE
イージーパンツのように気軽にはけるクライムパンツ型ファティーグパンツ。同型の生地バリエーションに「TIGER STRIPE RIPSTOP」もありますが、こちらはもっと薄くて軽い“超長綿・ピマコットン”のピンストライプ生地を使って仕上げたタイプです。快適なはき心地だけでなく、裾のゴムスピンドル+ストッパーで丈の長さを自在に調整できたりと、使い勝手も抜群。さらに、Tシャツを合わせただけでかっこよさを演出できるのも魅力。薄手のリネンシャツを羽織るシンプルなコーディネートは、真夏もお勧めです。
☆ “ファティーグスラックス・シリーズ” のバリエーションや詳細は、
こちらをご覧ください。
  >>> CORONA “FATIGUE SLACKS SERIES”<MASUYA COLLECTION>
これまでの「コーディネート」は こちらをご覧ください。
>>>  Coordinate Archive