COLIMBO “CWU-8P / CENTURION MECHANIX PARKA”

COLIMBO(コリンボ)の「CWUシリーズ」から、“CWU-8P / CENTURION MECHANIX PARKA” をご紹介します。
米空軍の開発した傑作中の傑作「N-3B スノーケルパーカ」は、1974年までエアクルーおよび汎用冬期作業服として、それ以降も表地を変更して今でも冬期汎用パーカとして生産されています。その一方で、1960年代になり、より革新的なレイヤリングシステムを確立しようと、“CWU” の名を冠したシリーズは短いスパンで改良を繰り返し、現場からのフィードバックを盛り込む実験的な試みをはじめていました。その特異なフードトリムの形状から「ラビットパーカ」の愛称を持つこの「8P」は、ボディは基本的にNシリーズと同様ながら、視界を遮らないタイトなフード設計とフェイスマスクさながらなクロージャー機能を持っています。素材は、アウターシェルが コットン・ナイロン塩縮素材で、中綿はシンサレート、裏地にはN/Cクロスを使用しています。カラーは、セメントグリーン1色のみです。なお、当店では、M,Lサイズをご用意しました。着るとすごくかっこいいいジャケットです!

— CWUシリーズ について —
現在進行形で続くCWUシリーズのフライトギア。1960年に最初に登場したCWU-1Pは、MA-1とのセットアップのMD-3Aをリファインしたフライトスーツだった。この頃の米空軍のドクトリンは冷戦を背景に絶え間なくその骨子を変えながら、朝鮮戦争以後ベトナム戦争へ、その急速な軍事作戦の多様化と環境における現場のニーズを吸い上げ、次々と正式採用されたが、それらはスペックも一つ一つが不完全で半ば実験的な要素を多分に含んだものであった。だからこそ、MA-1のような傑作と呼ばれる完成されたアイテムとは違い、我々は今尚 “CWU”、すなわち “Clothig Wear Unit” としての可能性と更なるイマジネーションを掻き立てられるのである。

『COLIMBO』“CWU-8P / CENTURION MECHANIX PARKA”【PLANE MODEL】
□ no.: ZU-0119
□ material:
  Outer shell:コットン・ナイロン塩縮素材(Cotton53% × Nylon47%)
  Insulation(中綿):シンサレート
  Lining(裏地):N/C (Cotton50% × Nylon50%)
□ color:Cement green
□ size: M ・ L(当店入荷サイズ)
□ finish: WASH仕上げ
□ price:¥74,000 (税別)
■ 納期:10月前半の入荷を予定しております。<現在、ご予約を承っております。> 
   (* 遅れる場合もございますので、予めご了承ください。)

— size (cm) —
※ 各サイズの予定寸法が分かりしだい掲載致します。
※ 着用画像では、173/60/で「M」を着ています。ちょうどいいサイズ感です。
  
—- 予約状況 —-
Cement green:M,Lサイズがご用意できます。

COLIMBO “CWU-8P / CENTURION MECHANIX PARKA”

Price(税別)
¥74,000
カラー / サイズ
数量