CORONA “AGGRESSOR SLACKS”

CORONA<FATIGUE SLACKS SERIES>の “AGGRESSOR SLACKS” をご紹介します。
US ARMYの仮想敵国用ユニフォームとして使われたアグレッサーパンツ。フィールドパンツ並みの太目なシルエットで、膝に2本のタックが入る立体的な形が特徴です。前後4パッチポケットのベイカーパンツ型のシンプルなデザインと、太めで無骨な履き心地が、なんともCORONAらしい1本です。また、使用している “G-ポプリン” は、ミリタリーフィールドジャケットに使われていたポプリンをライトに再現した生地で、薄手ながらも丈夫でさらっとしており、春から夏そして初秋にかけての街着やアウトドア用にぴったり。FATIGUE SLACKS SERIESの新型モデルとして、2018 SPRING & SUMMER COLLECTIONから発売開始です。

—- G-POPLINについて -—
今回のG-POPLINは、40’S M-41フィールドジャケットの表地を再現したもので、打ち込み本数の多い目の細かい高密度なポプリンです。カラーはODのみの展開ですが、無骨なダークトーンな生地の中でギラッと光る光沢感が特徴です。一般的に普通のポプリンはCBポプリンと呼ばれ、それに対して目の細かい高密度ポプリンのことをGポプリンを呼び区別しています。

—- FATIGUE SLACKS SERIESについて -—
CORONAのパンツの多くは、ワーク、ミリタリーユニフォームなどのインダストリアルなパンツを参考にして、形&シルエットやディテール、縫製仕様など、多くの事柄を取り入れ製作されてきました。すでに、その中には“ファティーグスラックス”と名付けられたモノも数多くありますが、2016 SUMMER COLLECTIONから「(生地以外は)US MILITARYのファティーグパンツ関連のみに特化してバリエーション展開していくライン」として、“ファティーグスラックス・シリーズ”という括りをスタートしました。これまで製作された品番を整理し、修正・アップデートして、今ほんとうに必要なもの、自分たちが得意なものだけに絞り込み、CORONAならではの本格的なボトムスのラインを作っていくものです。中心となるシルエットは、「ヒップとワタリ巾がゆったりとしていて、プリーツ入りの立体的な膝から裾口にむけてテーパードする」とても動きやすくイージーでリラックスした日本人好みな形で、60年代にカスタムされたジャングル・ファティーグパンツがベースになっています。ディテールは、定番型をはじめ、必要最低限まで削ぎ落としたものからカスタムされたユニークなデザインを参考に取り入れたものまで様々。それらは、多くのエッセンスと、 “質実剛健”でどこか“モダン”を感じるCORONAらしいテキスタイルでまとめられ、独特の雰囲気を作り出しています。

『CORONA』“AGGRESSOR SLACKS”<FATIGUE SLACKS SERIES>
 □品番:NO.C034
 □生地:G-POPLIN(COTTON100%)
 □カラー:OD [18-01]
 □サイズ:M / L
 □仕上げ:ONE-WASH
 □プライス:¥19,800 (税別)

— size (cm) — 【one-wash】
ウエスト  M/89.0 L/94.0
股上(前) M/33.5 L/35.0
股上(後) M/46.0 L/47.5
ワタリ   M/36.0 L/38.0
すそ巾   M/22.0 L/23.0
股下    M/65.0 L/67.0
※上記数字はいずれも当店計測値です。若干の誤差はご了承ください。
※173/60/w31で、Mサイズをはいています。

—– 在庫状況 -—-
18-01 G-POPLIN / OD:M,Lサイズがご用意できます。

CORONA “AGGRESSOR SLACKS”

Price(税別)
¥19,800
カラー / サイズ
数量