Cushman “SUEDE WWII LOWCUT SNEAKER”

Cushman(クッシュマン)の「SUEDE WWII LOWCUT SNEAKER」をご紹介します。
第二次大戦時にコンバース社が軍に支給していたハイカット・トレーニングシューズを、ローカットモデルにしてリリースしたクッシュマンのスニーカーです。独特のクラシックな佇まいがいいですね〜! さらに、約10mmのヒールや厚めのインソールも特徴で、クッション性も抜群です。また、ジーンズ、トラウザー、ショートパンツなどなど、ボトムとの相性もすごくいいです! 今回は、スエードの「OLIVE」と「BLACK」の2色をご用意しました。ここでは、「OLIVE」をご紹介します。なお、シューレースは、ボディカラーと同色のほかにブラックも付属します。

『Cushman』“WWII LOWCUT SNEAKER”
 □品番:29213S
 □素材(アッパー):COW SUEDE
 □カラー:SUEDE OLIVE
 □サイズ:8(26.0cm) / 9(27.0cm) / 10(28.0cm)
 □プライス:¥16,000(税別)

【サイズ選びについて】
「(足の幅や厚みがある方以外であれば)表記と同じサイズでちょうどいい場合が多いです。例えば、普段26.0cmを履いている方の場合は このスニーカーも26.0.cmを選んでいただければOKです。」

— 在庫状況 —
SUEDE OLIVE:「8」「9」がご用意できます。

Variations


suede olive

suede black

Cushman “SUEDE WWII LOWCUT SNEAKER”

Price(税別)
¥16,000
カラー / サイズ
数量