REDWING “Beckman” <Flat Box> col.Black Cherry Featherstone

REDWINGの「Beckman “Flat Box” Black Cherry Featherstone」をご紹介します。
— 以下、レッドウィング社のHPより引用 – 1905年にレッド・ウィング社を創業したチャールズ・ベックマンにちなんで名付けられた「ベックマンブーツ」は、社の創業期より存在したラウンドトゥのブーツを、今日の素材で再現したものです。自動車がまだ普及しておらず道路の舗装が未発達であった当時、道端の土埃や泥から足を守ることができる6インチ丈のブーツは、オックススフォード(短靴)以上に日常的な靴として広く履かれていました。そして、その多くは、「先芯」を入れない「フラットボックス」仕様でつくられていました。「先芯」とは靴のつま先に、その形を維持するため入れる硬い部材ですが、これを入れない靴は、つま先まで柔らかく非常に履きやすいものだったのです。
ベックマン「フラットボックス」は、この当時の先芯を入れない6インチブーツを再現したものです。ベックマンと同じデザインのアッパー(靴の甲部)を、同じ「8番」ラスト(木型)を使用してつくったものです。先芯を入れる普通のブーツではつま先部分は形状が変わらない分、革が馴染む事はなくソールの反りもありませんが、「フラットボックス」仕様では、先芯で固定されていないつま先の革は足に合わせて馴染み、ソールも自在に反るため、通常のブーツにはない快適な履き心地となります。革の馴染みと共につま先が平たく沈んできて、独特の形状になっていきます。20世紀初頭~前半のアメリカのブーツによく見られたスタイルで、履き心地と共にこうした経年変化もこの「フラットボックス」の魅力です。
「フラットボックス」仕様のブーツは、1960年代前半までよく見られました。その当時は、#877のような先芯を入れる設計のブーツが「フラットボックス」仕様でつくられる事もよくあり、その履き心地を求める顧客からの特別な要望を受けてレッド・ウィング社が特別に仕様を変えてつくっていたようです。ソールはミッドソールを使わないシングルソール仕様のグロコード・メダリオン・ソールとすることで、柔らかなソールの反りを実現し、このブーツの特長である履き心地の良さを高めています。
この#9062のレザーであるブラックチェリー・フェザーストーンは、原皮の中から5%程度しか見つからない、特にスムーズな銀面を持つものを選び、なめしの後、アニリン系の染料で染め、ワックスやオイルを含ませる事で、独特の輝きをもたせたものです。深みのあるバーガンディ色は、クリームでの磨きで艶が増し、味わいを深めます。—
このようなヒストリーに思いを馳せながら、このブーツを楽しんでみてはいかがでしょう。コーディネートの楽しみもより深いものになるはずです。なお、カラーは、この「Black Cherry “Featherstone”」のほかに「Black “Klondike”」と「Teal” Featherstone”」もございます。ちなみに、履き込んブーツの画像は、どれも3ヶ月ほど着用したものです。つま先の形状が今までのレッドウィングとは大きく違っています。履いて革が馴染むにつれ、つま先が低くなり、シワが入り、独特の経年変化をしています。履き心地のよさはもちろんのこと、履き込むほどに醸し出すこの格別の雰囲気が、フラットボックスの大きな魅力です。

『REDWING』 Beckman Boots “Flat Box” Black Cherry Featherstone
□ STYLE:No.9062 / 6″ Round-toe “Flat Box”
□ LEATHER & COLOR:Black Cherry “Featherstone”
□ SOLE:Gro Cord Medallion
□ LAST:NO.8
□ CONSTRUCTION:Goodyear welt
□ PRODUCT COUNTRY:U.S.A
■ SIZE:US 6 – 11 [width-D]
(サイズ選びの目安: 8.1/2 = 26.5cm)
■ PRICE: ¥41,500 (税別)

— 在庫状況 —
現在、「8」「8H」「9」がご用意できます。
※上記以外のサイズについては、お取り寄せ致します。

REDWING “Beckman” <Flat Box> col.Black Cherry Featherstone

Price(税別)
¥41,500
カラー / サイズ
数量