TAKE & SONS “RUGGED CHINO WORK PANTS”

 
『TAKE & SONS』 “RUGGED CHINO WORK PANTS”【 当店別注 】のご紹介です。

このワークパンツは、デザイナー自身が「自分が履きたいパンツ」として製作したシンプルなトラウザーです。深い股上と、極太のワタリから裾に向かってゆるくテーパードするシルエット。クラシックなセンター尾錠や細玉のピスポケット(後ろのポケット)などの仕様。そして、ハリとコシが強いタフな先染めのチノ生地。ゆったりとしたウエストをベルトで絞り込んだ時の腰周りの皺も、このパンツのかっこよさです。傷や汚れを気にせずにガシガシ履き込みたくなる、そんなヘビーデューティーな1本です。今回は、21FWと同じベージュに加えて、新色のネイビーをリリース。 サイズは、1・2・3の3サイズ展開です。

—- 生地について -—
生地は先染めです。先染めは生地にハリ・コシが備わり、強度を保ってくれます。また、着用によって生地表面にシボ(凹凸)が生まれ、だんだん風合いが良くなってくる特徴があります。とくにこの生地は、経糸・緯糸の色濃度を変えていて(緯糸の色濃度をアップしています)、エージングとともに表情に奥行きが出てきます。また、風合いというキーワードに関しては、この生地を織る織機にも仕掛けがあります。それは、旧式織機を使うことです。旧式は織る速度が遅く、糸のテンションも弱くなることから、時間をかけて履き込んでいくうちに生地本来の膨らみのある風合いへと変化していきます。製品はすでにウォッッシュ仕上げが施されていますが、特にこの生地は、かなり強く撚った糸を高密度に織り込んでいるため、納品時にはかなりパリッとしたハリと硬さがあります。履き込むことでそれが少しづつ取れて、生地本来の風合いになっていきます。傷や汚れを気にせず、ガシガシ穿いていただけます。
 
☆ 詳細・ご注文は >>> 
TAKE & SONS “RUGGED CHINO WORK PANTS” <col. NAVY, BEIGE>