BLACK SIGN “Sheriff Breeches & Motorcycle Breeches”

1940年代のディテールを忠実に再現したシェリフ・ブリーチースと、1930年代のディテールを再現したモーターサイクル・ブリーチースの2タイプがあり、シルエットやウェスト周り、そして裾のディテールなどに、それぞれ独特のヴィンテージ感が漂います。素材も、一年中穿けるものから、季節に合わせてコーディネートができるものまで、バリエーションも様々。今回は、その中から、コーデュロイ、モールスキン、チノをピックアップして、これからの季節にお勧めのコーディネートをご紹介してみました。
null

“8w Corduroy Sheriff Breeches” × COLIMBO “EXPEDITION DOWN PARKA”
ヴィンテージスタイルのダウンジャケットに合わせて、コーデュロイのシェリフ・ブリーチースをチョイス。これからどんどん寒くなりますが、陽射しのある暖かな日は、こんな装いで散歩してみるのもいいですね。
null

“Moleskin Sheriff Breeches” × TAILOR TOYO “COTTON VIET NAM JACKET”
白のベトジャンに、オリーブ色のモールスキン・シェリフ・ブリーチース。そして、足元には12インチ・ハイトのロングブーツ。ベトジャンが放つ男臭さ、、、その独特の匂い(空気感)を、僕なりに表現してみました。
null

“Antique Chino Sheriff Breeches” × COLIMBO “UTICA BARN QUILTED JACKET”
ライトウエイトのキルティング・ジャケットに、チノの・シェリフ・ブリーチースで、ハンティング・スタイルをイメージ。インナーのベストとシャツの組み合わせが、落ちついた雰囲気とクラシックな匂いを感じさせます。
null

“Moleskin Motorcycle Breeches” × DjangoAtour “classic cape”
ジャンゴアトゥールのヴィクトリアンなシャツに、ドレープが美しいケープを羽織って。アンティーク・ワークな雰囲気が漂う装いにも、このブリーチーズはマッチしますね。
null

“Antique Serge Motercycle Breeches” × BLACK SIGN “Goatskin Swindler Jacket”
1920年代スタイルのアヴィエーター・ジャケットに、ウール混のサージ・モーターサイクル・ブリーチースを合わせて。革ジャンの時代背景に合わせたバイク乗りをイメージしてみました。上に羽織ったブラックリネンのコートもCOOL! マフラーとの色合わせもポイントです。
☆ ブラックモールスキン・シェリフ・ブリーチースのコーディネートも 必見です!
  >>> Coordinate ver.1 “Black Moleskin Sheriff Breeches”
★ “ブラックサイン・ブリーチーズ” のバリエーションは、こちらをご覧ください。
  >>> “Sheriff Breeches & Motorcycle Breeches”<MASUYA COLLECTION>
これまでの「コーディネート」は こちらをご覧ください。
>>>  Coordinate Archive