CORONA「FATIGUE-SLACKS」#FP005 “AGGRESSOR SLACKS”<M-51 BACK SATIN>

・コーディネートの詳細も、ぜひ ご覧下さい。 >>>  <1> <2>

 
CORONA「FATIGUE SLACKS」#FP005 “AGGRESSOR SLACKS”<M-51 BACK SATIN> をご紹介します。
1950年代にアメリカ軍の軍事演習用 “アグレッサーユニフォーム(仮想敵国ユニフォーム)” のパンツをベースに制作されたアイテムです。アグレッサーユニフォームとは、訓練や軍事演習などで使う仮想敵国側を想定したユニフォームのことで、官給品にはない実験的でイレギュラーなデザインは、どこか “EXPERIMENTAL”(テストサンプル)に通じるものがあります。
この “AGGRESSOR SLACKS” は、M-51フィードトラウザースのサイドポケットを省き、前後のポケットをベーカーパンツ型のパッチポケットにしたシンプルなデザインで、膝に2本のタックが入る立体的な作りが特徴です。また、ゆったりとした太めのワタリから裾に向けてゆるやかにテーパードする立体的なシルエットは、後ろ身頃のバランスがやや大きく、動きやすくてとてもリラックス感のある穿き心地です。
今回は、1stコレクション(2020FW)と同じ “M-51 MILITARY BACK SATIN” の「OD」と「SAGE GRAY」がリリースされます。いかにも “ミリタリー・バックサテン” といった感じの無骨な雰囲気が魅力ですね。ストレートな色合いの「OD」、抜け感のある「SAGE GRAY」、それぞれにカッコイイです!
「前回」<2020FW>と生地・カラーともに同じ継続アイテムです。

—- 生地 “M-51 MILITARY BACK SATIN” について -—
1950年代に US ARMY M-51フィールドジャケットに使用されていた生地を意識して制作されたバックサテンです。通常サテン地は経糸が表面に多く現れるが、裏使いするとムラ感のある緯糸が目立つのが特徴です。程よい肉厚さとゴワッとした洗い上がりが、いかにも “ミリタリー・バックサテン” といった感じの無骨な雰囲気です。この生地は硫化染されたもので、染料が染み込みやすくするため染める前にシルケット加工が施されています。そうすることで、硫化染特有のぼんやりとした色合いに仕上がるうえに堅牢度も高まります。(堅牢度とは、生地の色の変わりにくさ、色落ちのしにくさの度合いです。)

「FATIGUE SLACKS」#FP005 “AGGRESSOR SLACKS”<M-51 BACK SATIN>
 □品番:FP005
 □生地&カラー:
  20-01 M-51 BACK SATIN / OD(COTTON 100%)
  20-02 M-51 BACK SATIN / SAGE GREY(COTTON 100%)
 □サイズ:M・L [当店入荷サイズ]
 □仕上げ:ONE-WASH
 □プライス:¥24,800 (税別)

— size (cm) — 【one-wash】
ウエスト M/86.5 L/91.5(内側1周)
ウエスト M/83.0 L/88.0(平置き直線×2)
ワタリ  M/36.0 L/37.5
すそ巾  M/21.0 L/22.0
股上   M/33.5 L/34.5
股下   M/67.0 L/68.5
※ 当店計測値(外寸)です。若干の誤差はご了承ください。
※ 173/60/w31で「M」を穿いています。“着用動画・着用画像” をご覧ください。

—- 在庫状況 —-
20-01 M-51 BACK SATIN / OD:Mサイズがご用意できます。
20-02 M-51 BACK SATIN / SAGE GREY:Lサイズがご用意できます。

FATIGUE SLACKS #FP005 “AGGRESSOR SLACKS / M-51 BACK SATIN”

Price(税別)
¥24,800
カラー / サイズ
数量