DjangoAtour “classic farmers indigo coat”

・ピラコニアさんの装いは、必見です。
 >>>  <1> <2> <3> <4> <5> <6> <7> <8>
・店主のコーディネートも、ぜひ ご覧下さい。
 >>>  <1> <2> <3> <4> <5>

DjangoAtour<anotherline>の「classic farmers indigo coat」をご紹介します。
アンティーク・クローズの解体と創造によって作り出されるジャンゴアトゥールのアナザーライン。この “classic farmers coat” は、1940年代頃のフード付きジャーマンミリタリーコートの特異なカッティングをボディベースの参考にしながら、襟、袖、ポケット、背中のギャザーなどに古いフランスファーマーのエッセンスを散りばめた、“現代版アンティーク・クロージング” とも言える傑作です。ラグランスリーブ、脇マチ取り、やや後ろ下がりの裾ラインなど、独特のパターンによって作り出されるシルエットが最高ですね。前からの姿はもちろんですが、背中のプリーツの広がりと裾へのラインも格別です。これまでも、コットン(インディゴ)、リネン、シェトランドウール・ツィードヘリンボーンと、様々な生地を使った名作がリリースされましたが、今回は 深い色合いのインディゴ・ヘリンボーンで仕上げました。この生地が濃淡織り交ぜならがフェードしていく様は、もう言葉にならないくらいカッコイイです。オールドフレンチも真っ青の、これ以上ないファーマーなコートへと変貌していきます。クタクタになるまで着倒したくなります・・・。さらに、共生地の “da frenchwork indigo vest” との着こなしもお薦め。 こぎれいな装いにも、土臭いスタイルにも合いますので、どう着こなすか・・・妄想が止まりません。
☆こちら(DjangoAtour)の詳細画像もぜひご覧下さい。 >>> “classic farmers indigo coat”

— 生地について —
素朴な風合いを生かした刺し子調の幅広のヘリンボーンで、しっかりとインディゴで染めあげた深みのある色合いと、凹凸感のある杉綾の模様が特徴的です。この生地が色落ちしていく様は、陰影に富み、オールドフレンチも真っ青・・・ そのくらいいい生地です。また、とても丈夫でタフな生地なので、長くご愛用頂けます。なお、はじめのうちはかなりハリが強く感じますが、着用と洗いを繰り返していくうちに、少しずつ柔らかくなっていきます。

『DjangoAtour』“classic farmers indigo coat”<anotherline>
 □生地:コットン100%(刺し子調ヘリンボーン / インディゴ染め)
 □ボタン:天然椰子高級ボタン(模様入り)
 □カラー:indigo
 □仕上げ:one-wash(水洗い天日干し仕上げ)
 □サイズ:36(S)・38(M)・40(L)
 □プライス:¥48,800 (税別)

— size(cm) — 【one-wash】
身幅 36(S)/61.0 38(M)/63.0 40(L)/65.0
裄丈 36(S)/79.0 38(M)/81.0 40(L)/83.0
裾幅 36(S)/71.0 38(M)/73.0 40(L)/75.0
着丈 36(S)/93.0 38(M)/95.0 40(L)/97.0
※若干の誤差はご了承ください。
※173/60で「38(M)」を着ています。

—- 在庫状況 —-
Indigo:36,38,40がご用意できます。

Setup Item


coat

vest

DjangoAtour “classic farmers indigo coat”

Price(税別)
¥48,800
カラー / サイズ
数量