DjangoAtour “classic farmers heavylinen tailor jkt”

・ピラコニアさんの装いは、必見です。
 >>>  <1> <2. ecru set-up> <3. black set-up>
・店主のコーディネートも、ぜひ ご覧下さい。
 >>>  <1> <2> <3> <4. ecru set-up> <5> <6> <7> <8. black set-up>

DjangoAtour<anotherline>の「classic farmers heavylinen tailor jkt」をご紹介します。
「テーラードと言う名のワークジャケット」をカタチにした “classiqued tailor jacket”。1870年代(ヴィクトリアン)のスーツを参考にジャンゴ・アレンジしたこのジャケットは、ラペル、ショルダーライン、アームライン、カッタウェイラインからのサイドビューなど、拘りのパターンにジャンゴアトゥールのクラシック観がギュ〜ッと詰まっています。「クラシックなビスポークテーラードを仕事着でガンガン使うことで、次第に生地は痛みながらも身体に馴染んでいく・・・」その様を見事に表現したブランド初期の頃からの名作です。ジャンゴアトゥールの代名詞と言ってもいいですね。僕にとってもすごく思い入れのあるジャケットです。
今作は、この “classiqued tailor jacket” をベースに、北フランスの “SAFILIN”(サフィラン)社の上質なリネン糸で織ったヘヴィリネンで仕上げました。重厚感のある最高の質感とその迫力は、写真から想像する以上のもの。それでいて、着心地は軽やかで快適です。
今回は、同じ生地で仕上げた “classic heavylinen trousers” もあります。セットアップも、ため息が出てしまうほどカッコイイですよ! テーラードジャケットを労働着としてタフに使い込んでいた時代に思いを馳せながら、他では味わうことのできないエッセンスオブジャンゴな着こなしを、ぜひ お楽しみください。
☆こちら(DjangoAtour)の詳細画像もご覧下さい。 >>> “classic farmers heavylinen tailor jkt”

— 生地について —
原料から紡績まですべて北フランスのフランドル地方で行うサフィラン社(1778年創業の老舗 “SAFILIN”)の上質な8番手の糸で織ったリネン素材です。良質なフラックス(亜麻:リネンの原料)のみを厳選して丁寧に紡いでいますので、とても強度に優れていてしなやかです。また、独特のタンブラー仕上げを施し、太番手でありながら、仕上がりはふっくらとしています。リネン特有のフシも含め、その質感は最高です。(※フラックスとは原料段階の呼び方で、糸になってからの工程でリネンと呼ばれます。)

『DjangoAtour』“classic farmers heavylinen tailor jkt”<anotherline>
□ 生地:リネン100%(8/- サフィラン社 heavy canvas linen)
 / 袖口裏:コットン100%(ツィル)/ フラップ裏・パイピング:コットン100%
□ カラー:「ecru」「black」(2色展開)
□ ボタン:天然椰子高級コロゾボタン
□ 仕上げ:水洗い天日干し仕上げ
□ サイズ:S・M・L・LL
□ プライス:¥45,000(税別)

— size(cm) — 【one-wash】
身幅 S/51.0 M/53.0 L/55.0 LL/57.0
肩幅 S/42.0 M/44.0 L/46.0 LL/48.0
裾幅 S/56.0 M/58.0 L/60.0 LL/62.0
袖丈 S/64.0 M/65.0 L/66.0 LL/65.5
着丈 S/69.0 M/71.0 L/73.0 LL/75.0
※若干の誤差はご了承ください。
※173/60で「M」がちょうどいいサイズです。着用画像をご覧ください。

— 在庫状況 —
black:M,L,LLサイズがご用意できます。
ecru:S,M,L,LLサイズがご用意できます。

Set up


“classic farmers heavylinen tailor jkt”

“classic heavylinen trousers”

DjangoAtour “classic farmers heavylinen tailor jkt”

Price(税別)
¥45,000
カラー / サイズ
数量