DjangoAtour “classic frenchwork blouson”

・ピラコニアさんの装いは、必見です。
 >>>  <1> <2> <3> <4>
・店主のコーディネートも、ぜひ ご覧下さい。
 >>>  <1> <2> <3> <4>

DjangoAtour(ジャンゴアトゥール)の「classic frenchwork blouson」をご紹介します。
参考にした1920年代頃のフランスの鉄道会社のユニフォーム(現物資料)は、使い込まれツギハギだらけで、しかも、襟は取り外されて・・・。その佇まいの例えようのないかっこよさを、ジャンゴのならではの創造力で表現したのが、この “classic frenchwork blouson” です。 一見するとシンプルなショート丈のブルゾンですが、実際に着てみると、その印象がガラッと変わります。 首周りとオフセットフロントの見事なバランス。絶妙な着丈とボディライン(シェイプバックライン)。左胸と内側(下部・両サイド)にさりげなく配されたポケット。そして、しっかりと織り込まれた13オンス・ダイドヘリンボーン生地。 すべてがマッチした格別のかっこよさが、僕らを一気にジャンゴ・ワールドに引き込んでいきます。
カラーは、「frenchblue herringbone」と「grey herringbone」の2色。どちらも横糸に硫化ブラックを用いた生地で、着込む(着用、洗濯を繰り返す)ほどにフェード(色落ち)し、味わい深い表情が生まれます。ボロになるまで着倒したくなる、そんなワークブルゾンです。とても着やすいうえに、様々なコーディネートが楽しめるので、ぜひお試し下さい。
☆こちら(DjangoAtour)の詳細画像もぜひご覧下さい。 >>>  <1>

— 生地について —
■ frenchblue herringbone / フェードインディゴ染め × 硫化ブラック
■ grey herringbone / トップグレー × 硫化ブラック
どちらも横糸に硫化ブラックを用いたヘリンボーン織りの13オンスの生地です。ガシガシ使えるタフな生地で、経年による色落ちも楽しめます。横糸(硫化ブラック)の陰影が堪りません。

『DjangoAtour』“classic frenchwork blouson”
 □生地: コットン100%(13オンス ヘリンボーン)
– grey herringbone / トップグレー × 硫化ブラック
– frenchblue herringbone / フェードインディゴ染め × 硫化ブラック
 □カラー:「grey herringbone」「frenchblue herringbone」
 □ボタン:ナット調プラスティックボタン
 □仕上げ:one-wash(水洗い天日乾燥仕上げ))
 □サイズ:S・M・L・LL
 □プライス:¥32,000 (税別)【税込 ¥35,200】

— size(cm) — 【one-wash仕上げ】
身幅 S/51.5 M/53.5 L/55.5 LL/57.5
肩幅 S/43.0 M/45.0 L/47.0 LL/49.0
裾幅 S/53.5 M/55.5 L/57.5 LL/59.5
袖丈 S/62.0 M/63.0 L/64.0 LL/65.0
着丈 S/63.0 M/65.0 L/67.0 LL/69.0
※ 若干の誤差はご了承ください。
※ 173/60で「M」がちょうどいいサイズです。

— 在庫状況 —
grey herringbone:S,M,L,LLサイズがご用意できます。
frenchblue herringbone:S,M,L,LLサイズがご用意できます。

DjangoAtour “classic frenchwork blouson”

Price(税別)
¥32,000

(税込¥35,200)

カラー / サイズ
数量