DjangoAtour “classic germanwork overalls”

・ピラコニアさんの装いは、必見です。
 >>>  <1> <2> <3>
・店主のコーディネートも、ぜひ ご覧下さい。
 >>>  <1> <2>

DjangoAtour(ジャンゴアトゥール)の「classic germanwork overalls」をご紹介します。
オーバーオールを穿いた19世紀末頃のドイツの農夫の写真。その着こなしのかっこよさが、今作のイメージになっています。フランスの古いサロペットを再構築した “frenchwork s/p overalls” をベースにBib(胸当て)無しタイプに改良し、しっかりと織り込まれた13オンス・ダイドヘリンボーン生地を使って仕上げました。ハイバックの後ろ姿とワイドなシルエットが最高です! さらに、サスペンダー部分を外せば、ハイウエストでオーバーサイズのワークパンツにもなります。ベルトでギュッと絞って穿いてもカッコイイですよ〜!
カラーは、「frenchblue herringbone」と「grey herringbone」の2色。どちらも横糸に硫化ブラックを用いた生地で、着込む(着用、洗濯を繰り返す)ほどにフェード(色落ち)し、味わい深い表情が生まれます。ボロになるまで穿き倒したくなりますね! 一年中穿けるうえに、様々なコーディネートが楽しめるので、ぜひお試し下さい。
☆こちら(DjangoAtour)の詳細画像もぜひご覧下さい。 >>> “classic germanwork overalls”

— 生地について —
■ frenchblue herringbone / フェードインディゴ染め × 硫化ブラック
■ grey herringbone / トップグレー × 硫化ブラック
どちらも横糸に硫化ブラックを用いたヘリンボーン織りの13オンスの生地です。ガシガシ使えるタフな生地で、経年による色落ちも楽しめます。横糸(硫化ブラック)の陰影が堪りません。

『DjangoAtour』“classic germanwork overalls”
□生地: コットン100%(13オンス ヘリンボーン)
– frenchblue herringbone / フェードインディゴ染め × 硫化ブラック
– grey herringbone / トップグレー × 硫化ブラック
□カラー:「frenchblue herringbone」「grey herringbone」(2色展開)
□ボタン:ナット調プラスティックボタン
□調節金具:YKK
□仕上げ:one-wash(水洗い天日干し乾燥仕上げ)
□サイズ:S・M・L・LL
□プライス:¥29,800 (税別)【税込 ¥32,780】

— size(cm) — 【one-wash仕上げ】
ウエスト(対応) S/88 M/92 L/96 LL/100
股上 S/34.0 M/34.5 L/35.5 LL/35.5
太腿幅 S/35.0 M/36.0 L/37.0 LL/38.0
膝幅 S/29.0 M/30.0 L/31.0 LL/32.0
裾幅 S/26.0 M/27.0 L/28.0 LL/29.0
股下 S/83.0 M/83.0 L/83.0 LL/83.0
※ 個体差など、若干の誤差はご了承ください。
※ 裾はロック始末のため、裾上げのまくり巾が若干必要です。

— 在庫状況 —
frenchblue herringbone:S,M,L,LLサイズがご用意できます。
grey herringbone:S,M,L,LLサイズがご用意できます。

DjangoAtour “classic germanwork overalls”

Price(税別)
¥29,800

(税込¥32,780)

カラー / サイズ
数量