DjangoAtour “OIL-SHOP LINEN COAT” <anotherline>

DjangoAtour<anotherline>の”Oil-Shop Linen Coat”のご紹介です。
自分は見る前からネーミングだけでやられてしまったけど、実際に着てみたら もう ダメ…。 このコート、かっこよすぎです!1910年代のオイルショップのリネン・プルオーバーコートをモチーフに、Djangoアレンジで再構築された逸品です。
「ずっしりと重みのある良質のリネンの味わい深さ」と「ゆったり感とAラインのシルエット、そして素材独特のドレープ感」・・・ この絶妙なバランスを見事にそれもさりげなく表現できる凄さは、ANOTHERLINEの特徴とも言うべき「揺るぎない審美眼」によりものですね。ほんと、かっこいいコートに仕上がっています。 これを着てみないのはもったいない…。
PULL-OVERというこのコート独特のスタイルは、”Oil-Shop Linen Coat”の名前とおり、様々な作業をするうえで使い勝手がいいように考慮されて作られたものでしょう。膝をついての作業や動くまわることが多い仕事のため、前身頃が開く通常のコートでは フロントの裾周りがガバッと開いてしまったりバタバタとばたついてしまったりと動きづらく、さらには引っかかりやすかったりというデメリットがあるんです。このコートのスタイルはその欠点を補うように作られてあるじゃないかと思います。もちろん、プリーツをはじめ その他のディテールやシルエット(独特のライン)など… すべてのバランスのよさが、使いやすさとかっこよさにも繋がっているんですね。ん〜〜〜 ほんと、凄い!!! 古い服もこんな風に使い勝手を紐解いていくと、作り手の試行錯誤が想像できたりして すごくおもしろいし、新鮮で なおかつ 身近なモノに思えてきますよ。
DjangoAtourが<anotherline>で再現しようとしている WORQUES (WORK plus ANTIQUES)。 このリネン・プルオーバーコートは、その”ANTIQUE観”を体感するのに最高の1着かもしれませんね。
正直なところ、はじめはちょっと手が出しにくいなぁって思うかもしれませんが、あまり難く考えずに自分なりにイメージしながら着てみましょう。自分はくったくたになるまでガンガン着ちゃおうと思ってます。そうそう、バイク通勤の時も使っちゃいます。このコートの裾や腰回りのラインは、バイクに跨がっても動きやすく使い勝手も◎ ほんと、楽める1着ですよ〜!!!
なお、カラーは「lightgrey」と「grey」の2色。いずれもリネン素材の質感と相俟ってすごく雰囲気があります。サイズは、36・38・40の展開です。ちなみに、自分(173/60)は38を着ています。

『DjangoAtour』”OIL-SHOP LINEN COAT” <anotherline>
□material: linen100%
□finished: one-wash
□col.: lightgrey ・ grey
□size: 36/38/40
□price: ¥36,800 (税別)

— size (cm)— [one-wash]
身幅 36(S)/59.0 38(M)/61.0 40(L)/63.0
肩幅 36(S)/43.0 38(M)/45.0 40(L)/47.0
袖丈 36(S)/60.0 38(M)/60.5 40(L)/61.0
着丈 36(S)/91.0 38(M)/94.0 40(L)/97.0 [back-length]
※若干の誤差はご了承ください。

—-在庫状況—-
lightgrey : 36,40がご用意できます。
grey : 完売致しました。

DjangoAtour "Oil-shop Linen Coat" <anotherline>

Price(税別)
¥36,800
カラー
サイズ
数量