WAREHOUSE “2ND-HAND Lot.1100”<USED WASH>

ウエアハウスの「2ND-HAND Lot.1100」<USED WASH>をご紹介します。
この「Lot.1100」は、1970年代の通称「66モデル」をベースにしており、やや浅目の股上を持つモダンで美しいテーパードシルエットが特徴です。また、その美しいカタチを崩さず、裾上げしないで穿けるのも、あらかじめレングスを短めに設定しているセコハンシリーズならでは。自然な風合いの色落ちはもちろんのこと、ウエアハウスならではのクォリティとお求めやすい価格も、このジーンズの魅力です。

— ウエアハウスの加工デニム「2ND-HAND」(セコハン)シリーズ — [WAREHOUSEのHPより]
セカンドハンドは略して「セコハン」とも呼ばれ「中古」を意味し、衣料品の「セコハン」は古着のことを指します。ウエアハウスの「セコハン」シリーズは、まさにアメリカで着こまれて古着のようになった風合いを再現したものです。1960年代のオーセンティックなテーパードジーンズをベースにしているので、股上はやや深めになっており、ボタンフライモデルは腰回りにゆとりがあり、裾にかけてゆるやかにテーパーが入るシルエット、ジッパーモデルはややテーパーの強いシルエットになります。ヴィンテージジーンズそのものの色落ち、ディテールもその時代を復刻と、それだけでは古着でもよいのでは無いか?ということになります・・・。 今回のセコハンシリーズの大きな特徴は、「レングス」です。アメリカで穿きこまれたヴィンテージと呼ばれるジーンズは、やはりアメリカ人が穿いていただけあり、レングスがとても長いものが多いのです。さらには、裾に強いアタリがでているので、裾上げをすると雰囲気も悪くなり、バランスが損なわれてしまいます。日本人にとってゴールデンレングスのサイズは、29インチなのです。ただ、それらに古着屋さんで出遭うことは、まずありません・・・。そういった悩みをすべて解消させようというのが、今回のウエアハウスの「セコハンシリーズ」です。1960年代のオーセンティックなヴィンテージのディテールや色落ちはそのままに、レングスを日本人がオリジナルパターンで穿けるように、29インチに設定しています。さらに裾はユニオンスペシャルという、アメリカの工業ミシンでチェーンステッチをかけているので、強い縄目状のアタリが発生しています。ワンロールアップでちょうどオリジナルシルエットをお楽しみいただけます。

『WAREHOUSE』 “2ND-HAND Lot.1100”<USED WASH>
□生地:コットン100%【7番×10番(12oz DENIM)】
□カラー:USED WASH
□サイズ:30,32,34,36
□プライス:¥24,000(税別)

— size(cm) —
ウエスト 30/78.5 32/81.5 34/86.0 36/90.5
前股上  30/26.5 32/27.5 34/28.0 36/28.5
後股上  30/34.5 32/36.0 34/37.5 36/38.5
ワタリ  30/28.5 32/30.0 34/32.0 36/33.0
裾幅   30/19.0 32/19.5 34/20.0 36/20.5
股下   30/68.0 32/70.0 34/70.5 36/70.5
※ 上記は当店計測値です。多少の誤差はご了承ください。

— 在庫状況 —
32,34,36がご用意できます。

Variations


Lot.1001

Lot.1101

Lot.1100

Lot.1105

WAREHOUSE “2ND-HAND Lot.1100”<USED WASH>

Price(税別)
¥24,000
カラー / サイズ
数量