DjangoAtour “classic german indigolinen shirt”<anotherline>

・ピラコニアさんの装いは、必見です。
 >>>  <1> <2>
・店主のコーディネートも、ぜひ ご覧下さい。
 >>>  <1> <2> <3>

DjangoAtour<anotherline>の「classic german indigolinen shirt」をご紹介します。
アナザーラインの大定番シャツ “classic frenchwork shirt” をベースに、ギャザーや裾周りなどにそのディテールを継承しながら、台襟部分を削ぎ落とし、第1ボタンのみループ留めにアレンジしたカラーレス・シャツです。 素朴さと男臭さが表現されたこのシャツからは、どこか洗練されたクラシックジャーマンな雰囲気が漂います。 使用している生地は、墨コーティングのインディゴリネン(インディゴ染めの後に表面のみ墨汁インク染め加工を施したハイカウントリネン)と、リュードバック加工されたブラウン・ヘヴィリネンの2種類。いずれも、着倒したくなるような、格別のワークシャツに仕上がっています。ここでは、「インディゴリネン」をご紹介します。
なお、今作のシルエットやフィット感は、ベースにした “classic frenchwork shirt” よりも少しゆったりとしています。また、もうひとつの生地バリエーション 「ブラウン・ヘヴィリネンの “classic german indigolinen shirt”」と比べて、こちらのインディゴリネンの方が身幅がゆったりとしていますが、この生地特有の強いハリ感を考慮しての寸法ですので、2色とも同じサイズをお薦めいたします。店主の着画でも、いずれも「Mサイズ」を着ています。

— 生地について —
今作で使用している「black indigo」のハイカウントリネンは、高密度に織り上げたハイカウントリネンを丁寧にインディゴ染めした後に、墨を主原料とする染料を使い表面だけを染めている非常に手間のかかった生地です。はじめはかなりハリのある生地感ですが、着用と洗濯を繰り返していくと表面の墨染料が溶け込んでいくため次第に柔らかくなります。また、経年変化(色落ち)を楽しむこともできます。ちなみに、“DA maquignon indigolinen coat”“DA indigolinen easy shirt” で使用しているのと同じ生地です。

『DjangoAtour』“classic german indigolinen shirt”<anotherline>
□ 生地:ハイカウントリネン(リネン100% / インディゴ染めの後に表面のみ墨汁インク染め加工)
□ カラー:black indigo
 □ボタン:天然貝ボタン / 根巻き取り付け
 □仕上げ:one-wash(水洗い天日干し仕上げ)
 □サイズ:S・M・L・LL
 □プライス:¥24,800 (税別)【税込 ¥27,280】

— size(cm) — 【one-wash】
身幅 S/58.0 M/60.0 L/62.0 LL/64.0
肩幅 S/43.0 M/45.0 L/47.0 LL/49.0
裾幅 S/58.0 M/60.0 L/62.0 LL/64.0
袖丈 S/57.5 M/58.5 L/59.5 LL/60.5
着丈 S/75.0 M/77.0 L/79.0 LL/81.0
※ 若干の誤差はご了承ください。
※ 173/60で「M」がちょうどいいサイズです。

—- 在庫状況 -—
black indigo:M,L,LLサイズがご用意できます。

Variations


black indigo linen

brown heavylinen

DjangoAtour “classic german indigolinen shirt”<anotherline>

Price(税別)
¥24,800

(税込¥27,280)

カラー / サイズ
数量